クレジットカード付帯の海外旅行保険で気をつけること

クレジットカード付帯の海外旅行保険をご利用になられる際には、いくつか気をつけていただきたい点があります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を充実させていただくための方法のひとつとしてクレジットカードを複数枚持つことをおすすめさせていただきましたが、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、複数枚の海外旅行保険付帯のクレジットカードをお持ちになられることによって、受け取ることができる補償がすべて、お持ちになられているクレジットカード付帯の海外旅行保険分だけ合算されるというわけではありません。クレジットカード付帯の海外旅行保険の「死亡保障」と「傷害後遺障害」の補償に関しては、合算することができなくなっていますので、注意をしていただきたいと思います。「死亡保障」や「傷害後遺障害」の補償が必要になられるもしもの場合には、もっとも補償の高いクレジットカード付帯の海外旅行保険の補償を確認された上で受け取っていただくことができるようにしておいていただきたいと思います。ちなみに「死亡保障」の場合には、海外旅行保険に限らず、別途、日本でおかけになられている生命保険の補償をお受け取りいただくこともできます。

海外旅行先で、おそらくもっとも利用する可能性があると考えられる「治療費用」などといった補償の多くは、合算してお受け取りいただくことができるようになっていますので、複数枚分の補償をしっかりとお受け取りいただくことができるようにしておいていただきたいと思います。クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合は、個々の補償額がそれほど高くないものでも、合算していただくことでしっかりとした補償をお受け取りいただくことができます。

 また、損害保険会社の提供している海外旅行保険を併用すれば、損害保険会社の海外旅行保険をもっとも保険料の経済的なものにしたとしても安心して旅行に行っていただくことができるのではないかと思います。損害保険会社の提供する海外旅行保険に空港で加入された際には、ご自宅から空港までの間は保険補償対象外となりますので、損害保険会社の提供している海外旅行保険に加入される場合にはできるだけ早い段階で加入されることをおすすめします。また、ご自宅から空港までかなりの距離がある場合でも国内旅行保険や海外旅行保険が付帯しているクレジットカードでしたらカバーすることもできると思いますので、こちらもおすすめです。