クレジットカード付帯の海外旅行保険で気をつけることとは?

海外旅行保険が自動付帯なのかどうかをチェックしておくこと

クレジットカード付帯の海外旅行保険をご利用いただく際にもっとも注意をしていただきたい点がこの点です。クレジットカード付帯の海外旅行保険には、海外旅行保険が適用されるための条件が付いているものもあります。この条件をしっかりとクリアしておかないと、海外旅行保険が適用にならない場合もありますので、お気をつけいただきたいと思います。

 クレジットカード付帯の海外旅行保険の中でもっとも便利で簡単なものは、海外旅行保険が自動付帯になっているタイプのものです。自動付帯の海外旅行保険の場合は、海外旅行に出発された時点で海外旅行保険が適用されますので、特に手続きの必要もありません。海外旅行保険が付帯しているクレジットカードにはこうした自動付帯扱いになっているものも多くなっています。

 クレジットカード付帯の海外旅行保険には、利用付帯というタイプのものもあります。自動付帯の場合は特に何もしなくとも、もしもの場合に補償を受けることができるようになっているのですが、利用付帯の場合にはそれぞれのクレジットカードの会社やブランドなどが提示している適用条件をクリアしないと補償を受けることができないタイプになっていますので、注意をしていただきたいと思います。海外旅行保険が利用付帯扱いになっている場合には、旅行に行かれる前にその条件をクリアしておく必要があります。この条件はクレジットカードによって違います。クレジットカードの利用履歴があることや、旅行代金(一部でも可の場合あり)をクレジットカード払いにしておく必要があるもの、現地でタクシーに乗ってカード払いすればOKになるものもあります。その点は、よくお調べになっていただきたいと思います。

 旅行代金をクレジットカードで支払う必要がある場合には、旅行会社によっては自社の提供しているクレジットカード以外での支払いができない場合もありますので、お選びになられる旅行会社にも注意が必要です。クレジットカードの利用履歴があれば海外旅行保険の補償を受けることができるタイプの海外旅行保険は、ショッピングなど、何を購入されても問題はない場合がほとんどですので、旅行の携行品などを購入されてもよいと思いますし、毎日の生活の中でお使いいただくクレジットカードにされておかれるのもよいのではないかと思います。利用履歴が必要となるクレジットカードの中には、海外旅行保険をご利用になられる1年以内のショッピング利用など、期限が設けられていることもあります。

 クレジットカード付帯の海外旅行保険には、このように海外旅行保険をご利用になるための条件がある場合もありますので、既にお持ちのクレジットカード付帯の海外旅行保険をご利用になられる場合やこれから海外旅行保険付帯のクレジットカードを作成される場合には、自動付帯になっているのか、利用付帯になっているのかをしっかりとチェックすることをおすすめしたいと思います。


JCB EITカードは自動付帯で、年会費無料で海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで付いています