クレジットカード付帯の海外旅行保険で気をつけることとは?

立替払いとは

 海外旅行に行かれる際にもうひとつ知っておいていただきたい言葉がこの「立替払い」です。海外旅行先は日本ではない外国になりますが、日本国内で加入されている「健康保険」をご利用いただくことは可能です。では、健康保険が利用できるのにどうしてお金を払ってまで海外旅行保険に加入するのでしょうか?ここで「立替払い」をしなければならないことが日本の健康保険だけでは安心できない要因のひとつになっていると考えられるのです。

 例えば、海外で病気や事故などのトラブルに合われてしまい、病院でそれなりの治療を受けたとします。このときに日本国内で加入されている健康保険を利用することはできるのですが、日本の健康保険を外国の病院などで直接利用することはできなくなっていますので、治療費は渡航者自身がご自分で用意されたお金で支払わなければならないことになります。アメリカやイギリスなどといった医療費の比較的高い国の場合、1回の治療が何万円になることもありますし、簡単な手術でも数百万円単位の請求をされてしまうことも考えられます。日本の健康保険で保険金が下りるのは、日本に帰国してからになりますし、治療の際に治療内容等が記されたレセプトなどといった書類を現地で用意してもらう必要もでてきてしまい非常に面倒です。(外国で日本の健康保険をご利用になられたい場合、必要書類のチェックをして、旅行先に申請書類等一式をお持ちになられる必要がある場合もありますので、注意していただきたいと思います。)

旅行先で突然大きなお金を用意することはとても難しいことですよね。海外旅行保険に加入されていない場合には、一時的とはいえ、治療費用をその場で全額立替払いをしなければならないことになってしまいます。帰国後に健康保険からお金がおりるとはいっても、3割ほどの一部負担額を控除したものになりますし、治療費用は日本の医療費用が基本になりますので、最先端の高度医療を受けた場合には、保険治療外になってしまうことも考えられます。この場合はまったく保険金がおりないということも考えられますので、もしもの場合に備えて海外旅行保険に加入されておかれることはとても大切です。

 海外旅行保険に加入されている場合には、この立替払いをする必要がない場合がほとんどですので、安心していただくことができると思います。もしもの場合、多くの海外旅行保険は、キャッシュレスで治療を受けることができるようになっているものも多くなっています。海外で治療をお受けになられた際の対応については、各種クレジットカードやブランド、会社等によって違いがありますので、キャッシュレスになっているかどうかも念のため、一度確認をされておかれるとよいのではないかと思います。多くの場合は、クレジットカード付帯の海外旅行保険の提携先の病院でキャッシュレスサービスを利用できるということになっていますので、旅行期間が長めの場合やご同行者にお子様やご高齢の方がいらっしゃる場合には、旅行先の国名や都市名を挙げて確認しておかれることをおすすめしたいと思います。