クレジットカード付帯の海外旅行保険のメリット

海外旅行損害保険には、損害保険会社の提供する保険のほかに、各種クレジットカード付帯のものがあります。私もそうなのですが、3〜4日間のアジア近郊への海外旅行に出かけるのにいちいち海外旅行保険に加入するのはどうも面倒に感じることがあります。もちろん、海外旅行を申し込んだ旅行会社からは、海外旅行保険に加入してくださいね、と言われることも多いと思いますが、数日間の旅行だと大丈夫かな?と思ってしまいがちですよね。そうはいっても本当に何も海外旅行保険に加入せずに海外旅行に行くのは少なからず躊躇される方が多いのではないでしょうか。まったく海外旅行保険に加入しないまま旅行に行ってしまいますと、何かトラブルがあったときに対処してもらうことができなくなってしまいますので、やはり何かと不安が残るのではないかと思います。

 日本以外の国での治療は、当然、保険診療外治療になりますし、日本に比べて外国の医療費は非常に高くなっています。以前、海外旅行中に歯科診療に行ったことがあるのですが、日本円で4〜5万円くらい請求されて驚いたことを覚えています。歯科診療は基本的に海外旅行保険外なので、保険はきかなくても仕方がないのですが、このときは学生だったこともあり、診療費を5分の1程度にまで下げていただくことができました。それで非常に助かったのですが、これが事故などのケガや、病気だったと思うとおそろしいですよね。外国の医療費は非常に高いので、自分は大丈夫という自信ではなく、これでもしもの場合も大丈夫という安心を持って海外旅行に行かれることをおすすめしたいと思います。

 海外旅行保険には先ほどもお話しましたように、損害保険会社の海外旅行保険とクレジットカードに付帯の海外旅行保険とがあります。どちらをお選びになられるかはそのときどきの状況にもよるかとは思いますが、まずは、海外旅行に持って行くと便利なクレジットカードに付帯している海外旅行保険のメリットについて、お話してみたいと思います。