損害保険会社の海外旅行保険に申し込んだ場合のメリット

必要な額だけ必要な保険に加入することができる

 損害保険会社の提供する海外旅行保険に加入するメリットは、海外旅行保険に加入しているという状態が、目に見えてわかるということのほかにもあります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合は、基本的にはそれぞれの補償内容が決まっているものになっていますので、ご自分の都合や旅行ごとに補償内容を自分の好きなように変えるということはできません。ですから、海外旅行保険を目的にクレジットカードに加入される場合には、クレジットカードに付いている海外旅行保険の補償内容等をよく吟味してお選びになることが大切です。クレジットカードによっては補償に穴があいてしまうことも考えられますので、いくつかのクレジットカード付帯の海外旅行保険や損害保険会社の提供している海外旅行保険等を併用されるのもよいのではないかと思います。損害保険会社の提供している海外旅行保険は、ご自分にとって必要な補償を必要なだけかけていただくことができるようになっていますので、その点は安心して旅行に行くことができる補償内容の海外旅行保険をご自分でお選びいただくことができます。

 近年、損害保険会社の提供している海外旅行保険には、ほぼオーダーメイドに近い形で、ご自分にとって必要だと考えられる補償を必要なだけ、付けていただくことができるようなものも増えてきています。また、補償の金額についてもご自身でお選びいただくことができるようになっています。

旅行先やエアラインなどによってトラブル等、心配の度合いは変わりますよね。損害保険会社の提供している海外旅行保険なら、特に飛行機の乗り継ぎが非常に多い場合や、あまり評判のよろしくない空港を利用する場合などに飛行機や航空会社寄託手荷物に関する補償を高めに設定することもできます。また、旅行先の政情が不安定な場合や観光客に対するトラブルなどが多い場合には、ケガや盗難などに関する補償を高めに設定することもできます。ご自分の旅行に合った形の海外旅行保険を作っていただくことができるわけです。このように、航空機関連の補償を重視したい場合には、損害保険会社の提供している海外旅行保険が非常に便利です。

また、損害保険会社の提供する海外旅行保険の場合にも、できるだけ経済的になるように海外旅行保険を組もうとお考えになれば、経済的な価格の海外旅行保険をご自分で組んでいただくこともできます。ご自分で必要なものを必要なだけ経済的に組み立てた場合に比べて、少し保険料は高めになってしまうかもしれませんが、旅行会社の方がおすすめになる損害保険会社の海外旅行保険のように必要な補償がセットになっているパックタイプの海外旅行保険をお選びになることもできます。その際には、保険の補償額によって3〜5段階ある中からご自分でお好みのものをお選びいただくことができるようになっていることが多いと思います。クレジットカード付帯の海外旅行保険の多くが最初から付帯しているものということで、ご自分で補償内容等をお選びいただくことができないのに比べて、ご自分で必要な補償をお選びいただくことができる分、安心してご旅行にいっていただくことができるのではないでしょうか。

三井住友海上、損害保険ジャパン、AIU保険会社、ジェイアイ傷害火災、日本興亜損保、あいおい損保、エース保険、東京海上日動の損害保険会社各社の海外旅行保険料がいくらになるか、旅行期間:6日間・旅行地域 ハワイで試算しています。※保険料はお一人あたりの金額です。