海外旅行保険について

海外旅行保険の種類

海外旅行保険は、正確には海外旅行損害保険と言います。海外旅行損害保険には、さまざまな種類の補償が用意されています。

「死亡(傷害・疾病)」、「傷害後遺障害」、「治療(傷害・疾病)」、「救援者費用」、「賠償責任」、「携行品損害」、「航空機寄託手荷物遅延」、「航空機遅延」などが一般的な海外旅行損害保険の補償内容になっています。旅行先や旅行日程、旅行の目的などによってもこれらの補償の中でどの補償がどの程度組み込まれていた方が安心できるのかも変わって来ます。旅行に行かれる方の年齢や体調、旅行先の治安などによっても付けるべき補償や補償金額は変わって来るものです。以下に簡単にそれぞれの補償内容についてまとめたものを掲載しますので、参考にしていただければ幸いです。個々の補償にはそれぞれの損害保険会社やクレジットカード会社によってさらに細かい条件が付いているものが多くなっています。加入された海外旅行損害保険の条件(契約書・海外旅行損害保険証書)に従って補償を受けることができます。

  • 「死亡(傷害)」:旅行中に起きたケガによって亡くなられた場合に補償がされます。
  • 「死亡(疾病)」:旅行中の病気によって亡くなられた場合に補償がされます。
  • 「傷害後遺障害」:旅行中のケガで障害が残ってしまった場合に補償がされます。
  • 「治療(傷害)」:旅行中のケガの治療費用が支払われます。
  • 「治療(疾病)」:旅行中の病気の治療費用が支払われます。
    (持病は含まれないことが多いのでご注意ください。)
  • 「入院一時金」:旅行中のケガや病気で入院されたときに一時金が支払われます。
    (→ただし、海外旅行保険によって条件に違いがあります)
  • 「救援者費用」:旅行中のケガや病気になり、家族が駆けつけた場合にその費用が支払われます。
  • 「賠償責任」 :人身や人の持ち物、公共物などを壊してしまった場合に、その費用が保険金として支払われます。
    (ただし、法的に損害賠償責任を負わなければならなくなった場合)
  • 「携行品損害」:携行品が盗難などの事故にあって損害を受けた場合に保険金が支払われます。
  • 「航空機寄託手荷物遅延」:航空機に預けた荷物の目的地への到着が遅れた場合に、身の回りの品などを必要に応じて購入した金額が保険金として支払われます。
  • 「航空機遅延」:搭乗予定の航空機の到着が遅れた場合、搭乗していた航空機の目的地への到着が遅れた場合の宿泊費や食費などが保険金として支払われます。